情シス Secret Method

Microsoft 365とは?サービス内容やプラン概要を解説!


Microsoft 365はおなじみのWordやExcelなどの数多くのアプリが使用でき、インターネット上でデータ共有も可能なサービスです。

現代社会は数多くのアプリが販売されており、特徴やサービス内容などがなんとなく理解しにくいので、適切な製品を選べるのか不安な部分も多いですよね。

今回はMicrosoft 365の魅力やサービス内容について、はじめての人でもわかりやすくまとめました。

数多くの製品がある中でMicrosoft 365はとても利便性が高く、リモートワーク時も使用できるサービスでとても実用性が高い製品です。

本記事を参考にしてMicrosoft 365について理解を深めましょう。

目次[非表示]

  1. 1.Microsoft 365 とはどんなサービス?
    1. 1.1.Microsoft 365の特徴1:多くのプランが用意されている
    2. 1.2.Microsoft 365の特徴2:様々なOfficeアプリやクラウドサービスが利用できる
  2. 2.Microsoft 365で使用できる主なサービス
    1. 2.1.Word
    2. 2.2.Excel
    3. 2.3.Outlook
    4. 2.4.OneDrive
    5. 2.5.Teams
  3. 3.Microsoft365ではこんなことも可能に
    1. 3.1.スマートフォンの写真や動画を自動でバックアップできる
    2. 3.2.日報作成が手軽にできる
    3. 3.3.パソコンのデータのバックアップが可能
  4. 4.Microsoft 365 を選ぶメリット
    1. 4.1.常に最新版のofficeアプリを利用できる
    2. 4.2.チームや会社で場所を問わず資料を共有できる
    3. 4.3.ライセンスを管理しやすい
  5. 5.Microsoft 365のプラン紹介
    1. 5.1.Microsoft 365 Personal
    2. 5.2.Microsoft 365 Business Premium
    3. 5.3.Microsoft 365 E5
  6. 6.まとめ

Microsoft 365 とはどんなサービス?

Microsoft 365とは、月額でさまざまなOfficeアプリやクラウドサービスを利用できるサブスクリプションサービスです。

2020年4月22日には、これまで「Office 365」として提供されていた主なサブスクリプションサービスおよびアプリが「Microsoft 365」へとブランド統合されました。
※参考:中小規模企業向けの新しい Microsoft 365 プラン
https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/blog/2020/03/30/new-microsoft-365-offerings-small-and-medium-sized-businesses/

Microsoft 365の特徴として、以下の2点があげられます。

Microsoft 365の特徴1:多くのプランが用意されている

Microsoft 365の特徴2:様々なOfficeアプリやクラウドサービスが利用できる


Microsoft 365の特徴1:多くのプランが用意されている

2022年現在では、家庭向け、一般企業向け、大企業向け、教育機関向けなどに分類された多数のプランが設定されています。

契約者の状況に合わせて最適なプランを選ぶことが可能です。


Microsoft 365の特徴2:様々なOfficeアプリやクラウドサービスが利用できる

プランにより利用できるアプリやサービスは異なっており、文章作成ソフトのWordや表計算ソフトのExcelをはじめ、オフィスワークに利用可能なものがそろっています。

サブスクリプションサービスであり、永続ライセンス版(買い切り型)と違って常に最新の製品を利用可能です。


Microsoft 365で使用できる主なサービス

ここではMicrosoft365で利用できるサービスをピックアップしてご紹介します。
プランにより異なるため、契約前に必ず利用可能サービスを確認してください。

一般的にオフィスワークで使われるOfficeアプリが一通りそろっており、常に最新版をダウンロードして利用可能です。

プランにより、Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、Teams、Access、Publisher、OneDrive、SharePointなどが用意されています。


Word

文章作成に特化したアプリです。さまざまな書類を作成可能となっています。

Excel

主に数値データを処理できる表計算アプリです。
関数機能も充実しており、データ管理やグラフ作成など広く活用されています。

Outlook

メールの作成や確認ができるアプリです。スケジュール・連絡先管理・仕事管理機能も付属しています。

OneDrive

インターネット上でファイルを管理できるアプリです。

データの保管場所として活用できるため、会社やチーム内などのデータ管理におけるコスト面が削減できる点もメリットとなります。

Teams

Web上で会議、チャット、通話、ファイル共有などができるアプリです。
近年増加している在宅ワークやリモートワークにも対応可能です。



Microsoft365ではこんなことも可能に

Microsoft365では、プランに応じて使用可能なアプリやサービスが異なります。
ここでは一般的な文章作成(Word)・表計算(Exel)以外の機能をいくつかピックアップしてご紹介します。


スマートフォンの写真や動画を自動でバックアップできる

スマートフォンの写真や動画を自動でバックアップできる機能がついており、インターネット上で保管できるため、スマートフォンの容量を気にせず撮影できます。

スマートフォンで好きなだけ写真や動画を撮れるためとても便利です。


日報作成が手軽にできる

Microsoft365は日々の仕事の日報作成がタブレット端末で手軽にできるので、空いた時間を有効活用できます。

また数多くのテンプレートも用意されており、仕事の負担を少なくできる点もメリットでしょう。


パソコンのデータのバックアップが可能

Microsoft365はオンライン上にファイルを保存できるので、パソコンのデータのバックアップが可能です。

大量のデータを失う前に保存しておくと、万が一のデータ喪失に備えられます。

大切な情報を守るためにMicrosoft365の使用が欠かせません。


Microsoft 365 を選ぶメリット

2022年現在、MicrosoftのOfficeソフトとしては、サブスクリプションサービスであるMicrosoft 365以外にも、永続ライセンス版(買い切り型)のOfficeソフトである「Microsoft Office 2021」が展開されています。


Microsoft 365を選ぶメリットとしては、

・常に最新版のofficeアプリを利用できる

・チームや会社で場所を問わず資料を共有できる

・ライセンスを管理しやすい

以上の3点があげられます。


常に最新版のofficeアプリを利用できる

常に最新版のofficeアプリを利用できることがMicrosoft365のメリットの一つです。

月額料金を支払うと常にアップデートされた最新の製品を使用できるため、快適な環境でパソコン作業を行うことが可能です。

永久使用のライセンスではないため最新のアプリが利用でき、業務の効率化にもつながります。


チームや会社で場所を問わず資料を共有できる

Microsoft365はチームや会社で場所を問わず資料を共有しやすいこともメリット。

たとえば出先で資料を急遽上長に確認してもらわなければならない場合であっても、Microsoft365を利用していれば簡単に共有、確認依頼を行えます。

セキュリティ面が心配な場合、ユーザー認証機能をはじめとするセキュリティ機能の追加もできるので安心ですね。


ライセンスを管理しやすい

Microsoft365はライセンスを管理しやすいことも大きなメリットです。

管理者画面でライセンスを一元的に管理可能な仕組みとなっており、的確かつ時間をかけずに管理できるのが魅力となります。

またサブスクリプションサービスのため、従業員の増減に応じて都度調整し、常に適切なコストをキープしやすいのも利点です。


Microsoft 365のプラン紹介

Microsoft365には多数のプランが設定されています。

プランにより含まれるアプリ・サービスや料金が異なっており、目的に合ったプランを選んで利用するととても効果的です。

ここでは2022年時点のプランの中から、いくつかピックアップしてご紹介します。


Microsoft 365 Personal

家庭向けプランの1つです。

Microsoft 365 Personalでは基本的なOfficeアプリを多数使用できるため、一般的なデスクワークを一通り行うことができます。

またOneDriveの容量が1TBになっており、容量の大きいデータを扱う方にとっても快適な作業環境を整えられるのがメリットです。


Microsoft 365 Business Premium

一般企業向けプランの1つです。

Microsoft 365 Business Premiumのプランは参加者最大 300 人でチャットが可能な点や、大人数での会議や通話を開催できる点などが特徴です。

また高度なセキュリティやアクセスとデータの制御、サイバー脅威の防止などの機能も付いており、情報の管理も安全にできるプランとなっています。


Microsoft 365 E5

大企業向けのプランの1つです。

Microsoft 365 E5は強固なセキュリティとほぼすべての機能を備えている高性能なプランとなっています。

また最大で250人が利用できる電話会議や、組織内でデータを共有して売上や企業利益を高める施策を考えられるPower BI Proなどの機能も付いています。


まとめ

Microsoft 365は数多くの魅力があるサービスで、定額料金で手軽にはじめられるのがメリットです。

またプランも家庭向け、一般企業向け、大企業向けなどに分かれており、自分に合ったプランを選択できるため、はじめての人でも導入しやすいサービスとなります。

インターネットを経由して情報共有やWeb会議が一般的となった現代では、Microsoft 365を活用することで、今まで以上に効率的で快適なパソコン作業の実現が可能となるかもしれません。

まずはご自身の状況に合わせ適切なプランを選ぶことが大切です。



▽アイエスエフネットのMicrosoft365関連サービス▽

Microsoft365導入支援

クラウドバイリンガルコールセンター


■関連記事

・Microsoft 365とGoogle Workspace、2大クラウドの移行について解説!|クラウドマイグレーション

・Google WorkspaceからMicrosoft 365へ移行したい・・・ その願いを叶える移行ツール「Cloudiway」とは!?

・【連載】はじめてのIntuneセットアップ 初心者ガイド ~第1回 アカウントとテナント作成、独自ドメイン名の追加~

※この記事は、公開時点の情報をもとに作成しています。



サービスについてのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら
平日9:00-18:00
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
課題解決の資料は
こちらからダウンロードできます。

Seminar

Ranking

Category

Tag